腰痛

腰痛

ひどい場合は夜も眠れないくらい辛いですよね。
少しでも痛みが和らぐようお役に立てれば幸いです。

腰痛 原因

腰痛の原因は様々です。ひとつ場合もあれば、
複合的に発生している場合もありますが、
それぞれの特徴は以下の通りです。

1.骨のゆがみ
  背骨や腰骨(骨盤)は複数の骨が組み合わさってできています。悪い姿勢や交通事故などの
  強い衝撃などでそれらのバランスを崩してしまうことも原因の一つです。

2.筋肉疲労もしくは衰え
  腰の筋肉は腰椎の動きをフォローするコルセットのような役割をしています。
  腹筋背筋の筋力が落ちたり、疲れすぎてしまうと、腰椎が衝撃を受けてしまいます。

3.内臓疾患
  内蔵疾患が腰痛を引き起こす場合があります。
  胃よりも下側の臓器系の病気が原因で発生することが多いようです。
  特に腎臓を痛めると腰に影響すると言われています。
  腎臓疾患の痛みを見分けるには、両足を肩幅に広げて大きくジャンプして、かかとから着地します。
  これで着地した時に、腰の奥から響くような痛みを感じる場合は、
  腎臓疾患の疑いがあるそうですが、何事も勝手に判断せず、医師の診断を受けましょう。

腰痛 ストレッチ

おすすめのストレッチを紹介します。

1.腰の背中側の筋肉を伸ばす
  あお向けになり、両手を頭の後ろで組みます。
  右ひざを曲げて下半身を左側にゆっくりひねっていきます。右ひざを左側の床につけるような感覚で、
  腰の筋肉を伸ばしながらそのまま数秒間静止し、その後ゆっくり元に戻し右ひざを伸ばします。
  これを左足も実施します。この時に苦しくても呼吸は止めないで下さい。
   
2.背筋を伸ばす
  あお向けになって、お腹に力を入れ、
  両手で両ひざを思い切り抱え込み、この姿勢を約1分間保持します。寝っ転がったままの体育座りです。
  この状態でも上記と同様に呼吸は止めないで下さい。
  その後、息を吐きながらゆっくりとひざを伸ばしていきます。

プロ野球選手、プロゴルファーも推薦する中川式腰痛治療法

腰痛 トップへ戻る