体臭

体臭

年齢とともに気になる体臭
その原因と対策について

体臭 原因

体臭とは皮膚の脂質の酸化が原因で生じるものです。
細かく原因を分けると以下の3つ。

1.汗
2.腸内の不調
3.病気

一番の原因が汗によるものです。汗をかくと老廃物が皮膚や汗腺に溜まり、それらが雑菌を増殖させます。わきや頭皮・頭髪、足などが最もひどいニオイを発するとのこと。これらは汗腺の種類が違うんだとか。エクリン腺とアポクリン腺があって、後者が主にニオイを出す汗をかく腺で、脇や股間などに集中しています。また、体からではなく、汗が染み込んだ衣類なども、衣類のニオイと混じって別のニオイを発します。

次に腸内の不調ですが、腸内環境が悪化すると悪玉菌が増え、腸内でタンパク質やアミノ酸が分解されると、アンモニアなどの悪臭の強い腐敗産物に変化します。これらが腸管から血液に入りこみ、口臭や体臭の原因になります。また、アルコールの飲みすぎもニオイを発生させる場合もあります。腸内環境とは異なるかもしれませんが、タバコも厄介です。皮膚にニオイがつくのはもちろん、体内を汚くするという意味では腸内環境が悪化しているのと同じ結果になっています。

最後に病気。体調が悪くなると臭い汗をかきます。これは汗腺機能が低下して、糞尿として出されるべき成分まで汗として出してしまっているのです。特に、がんを患っている方は独特のニオイを持っているようです。

体臭 サプリ

体臭対策サプリのサイトを見るとランキング形式でいろいろな商品が紹介されていますね。これらの効果は、腸内環境を改善させることが主な目的ですが、それ以外に特別な成分を持ったものもあるようです。例えばバラの香りとか、柿渋エキスだとか、タンニンだとか。まさしく消臭成分です。

出来ればそういうものに頼らず、状況を改善していければいいのですね。サプリ類はすぐに効果があるものは少なく、もしくはあったとしても一時的にしか効かないものだったりします。

やはり体内から体臭を抑えるのであれば、長期的な腸内改善活動を心がけるべきです。普段の生活環境や食生活を徐々に改善していくことによって、体の中から改善されて、汗腺から排出される成分もニオイの少ないものになっていくことが理想です。

体臭 食べ物

やはり体内から体臭を抑えていきたいですね。

緑黄色野菜に含まれているクロロフィルは、血中酸素を運ぶヘモグロビンを元気にします。 いわゆる鉄分ですね。食物繊維も含まれているので、これが一般的ではないでしょうか。
水溶性の食物繊維を多く含んだ食品は、悪玉菌が出した毒素や有害物質を吸着して便として排出してくれます。具体的には海藻類やメカブ、コンニャク等です。
腸内環境を整えるためにはオリゴ糖を多く含んだ食品がいいでしょう。腸内の善玉菌を増やしてくれます。大豆類や玉ねぎ、アスパラが代表です。
それ以外にも、なすやそば、しそなどをビタミンCやEと一緒に摂取した場合は体臭予防効果が期待できます。

逆に肉類などの高タンパクなものや脂肪分の多いもの、過剰な塩分/糖分、辛いものは体臭を強くしてしまいます。プロテインなどは日本語にすると「タンパク質」です。プロテインを摂取している人も、体臭が強くなる傾向にあります。

体臭 トップへ戻る