相続

相続

個人の問題ではありません。
家族全員の問題です。早めに準備しておきましょう。

相続税

税理士さんに相談しましょう。
相談するのは弁護士さんではなく税理士さんです。
ここをよく間違える方がいらっしゃいますので、もう一度書いておきます。

法律関連は「弁護士」に相談
税金関連は「税理士」に相談

です。間違えないようにしましょう。

まずは、対象/範囲を確定させましょう。
それらの資産価値を見積もった上で税が決まります。
預金口座の総額や現金、証券類や土地などの不動産も含まれます。

相続放棄

遺産はプラスのものとは限りません。
仮に亡くなった方に借金などの負債があった場合は、それらも引き継ぐことになります。

放棄するメリットとしては、上記に記載した通り亡くなった方の負債が多いなど相続に魅力が感じられないケースや、自営業を営んでいる方であれば、経営を安定させるため後継者以外の兄弟姉妹が辞退する時などに使われます。

相続の開始があったことを知った時から3か月以内に限定承認または相続放棄のどちらかを選択しなかった場合は、単純承認とみなされてしまいます。これ、すごく恐ろしいことなので注意して下さい。
単純承認とは亡くなった方の権利義務を引き継ぐことを無限定に承認することです。上記のように亡くなった方に負債があった場合、単純承認とみなされてしまうと、負債を無限定に引き継ぐことを認めたことになってしまいます。そのようにならないためにも放棄という選択をすることがあります。

相続できる遺産があるとわかった場合は早めに税理士の方に相談してみましょう。
※3ヶ月以内に家庭裁判所に期間の伸長を申し出をして、判断期間を伸ばしてもらうことも可能です。

税理士選びで失敗したくない人必見!

相続 トップへ戻る