口臭

口臭

自分ではなかなか気づきにくいですよね。

口臭の原因

ニオイが強烈な方がいらっしゃいますよね。
その原因のほとんどが健康にトラブルを抱えているケースです。

口腔内(口の中)が不衛生だったり、歯周病、ドライマウス(口腔乾燥)など特に歯周病などは強烈なニオイを発します。細菌が増えて硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドのような揮発性硫黄化合物を作ります。それらは生ゴミ臭、卵や魚、野菜が腐ったような臭いが特徴です。

他にも、内臓系の疾患からくるものもあり、例えば腎不全ではアンモニア臭があったり、十二指腸潰瘍を患った経験のある方も独特のニオイがあります。

全部が全部病気から来るものでは無いのですが、みなさんも起床時には口の中がネバネバして不快に感じることがあると思います。就寝時は唾液量が減少し、細菌が増殖します。食事や歯磨き、舌を磨くなどの刺激によって唾液が増加するとニオイは弱くなります。一方、空腹時や緊張時も唾液が減少して臭くなります。 これらは生理的口臭と呼ばれ、一日の中で変化がありますが、全くなくなることはありません。生きている限り代謝が行われているからです。

それでも、少しでも軽減させたいですよね。

口臭が消える食べ物

まずは唾液量の調節と口腔内を清潔に保つことで軽減してみましょう。歯を磨く前にマウスリンス(リステリンなど)でうがいをしたり、超音波電動歯ブラシで磨いたり。
また、食事をきちんと摂ることでも唾液や口腔内のバランスを保つことにつながります。ただし、外出先であっても食事後は歯を磨きましょう。歯磨きできない場合は、せめてうがいだけでもしておきましょう。

おすすめしたい歯周病予防としては、デンタルフロスです。自分でケースから糸を引っ張りだして、切って使うものです。これは歯間の汚れを取るだけではなく、歯周ポケットの歯垢もかき出せます。歯垢は単なる食べかすではなく、細菌の集まりなんです。フロスを使って歯周ポケットまで綺麗にしておくと、ニオイの元はかなり無くなります。

ただし、これらをやっても効果がなく、あまりひどいようであれば口臭外来に行く事をおすすめします。最終的にはお医者さんに相談しましょう。

【宝田式 みるみる口臭美人】キスをしたくなるような爽やかな口臭にする方法

口臭 トップへ戻る